クレジットカードのローン金利と手数料について

お金が必要だけど、現金の持ち合わせがない時でも、クレジットカードがあればキャッシングも、ショッピングもできます。クレジットカードにはキャッシング枠がついていることもありますが、これは消費者金融のキャッシングとほとんどかわりません。ですが、クレジットカードでキャッシングをした場合は、金利が18%前後と、ローン融資を使った時よりも金利が高くなります。金利何%のローンなのかは、金融会社ごとに大きく異なりますので、事前に金利については調べておくことが重要です。カードローンは無担保でお金が借りられる融資で、資金使途が自由ですが、金利はやや高めに設定されています。担保がないと借りられないものに、住宅ローンがあります。住宅ローンは、大口の融資を低金利で借りることができます。銀行のカードローン金利では、大きくても14~15%となっています。クレジットカードのローン金利は高く設定されている場合が多く、ほとんどが年18%となっています。すぐにでも融資可能なことがクレジットカードのメリットですが、金利が高い分、返済総額はどうしても多くなってしまいます。また、カード決済をする時にクレジットカードを使った場合、一括払いなら手数料無料ですが、支払い回数が複数回になれば利息が加算されます。返済方法にも種類があり、毎月の返済額が一定になっているリボ払いや返済回数を指定した返済方法もあり、負担の無い支払い方法を選べます。計画性の乏しいクレジットカードの使い方をしていると、いざ返済という段階になって困ってしまうこともあります。
ツアーナースをしたい人はこちらがいいです